eFaxとPamFAXを徹底比較!解約方法は?

eFaxとPamFAXを徹底比較!解約方法は?

インターネットファックスは便利ですが、様々な事情で解約することもあるでしょう。インターネットファックス大手のeFaxとPamFAXの解約方法についてまとめてみました。

 

eFaxの解約方法

イメージ

eFaxの解約は、WEBサイトやメールなどで行うことはできません。カスタマーサポートに直接電話をする必要があります。受付時間は平日の午前9時から午後6時までです。

 

一見アナログで時代遅れな感じもしますが、解約といった大切なことをWEB画面やメールなどで済ませて、万一何か間違いがあって解約手続きができていなかったりすると、思わぬ出費になってしまうこともあります。電話で解約することで安心できるのではないでしょうか。もちろんいつでも解約できますし、解約金も必要ありません。30日間の無料期間の間に解約することも可能です。

 

口コミでもこの点を評価する人が多くいました。

「30日間無料で、その間に送受信が150枚以内なら一切料金がかからないと聞いて試しに申し込んでみました。使い勝手もいいし、料金が安いので続けていますが、解約方法がもっとややこしかったらeFaxを選んでいなかったかもしれません。」

という口コミもあります。

 

PamFAXの解約方法

契約期間が3か月と12カ月から選ぶようになっていて、途中解約はできません。反対に3か月使用しないと自動的に解約になってしまうので注意が必要です。

 

特に、PamFAXは日本語にほとんど対応していないので、あまり理解せずに使い始めてしまう人も多いようです。

 

「インターネットサイトでPamFAXを褒めていたのでとりあえず契約してみましたが、説明が英語でとても分かりにくく、途中解約もできないということも、後からよくよく読んでわかりました。サポートセンターが無いので、誰かに聞くこともできず大変でした。始めから途中解約できないと分かっていたら、もっとほかのところで試していたのに、無駄な時間を使いました。」

というような口コミもあります。

 

 

 

解約の自由度やカスタマーサポートの充実などから言ってもeFaxの方が日本人にはおススメなのではないでしょうか。